ワーズワース考 - 松下千吉

松下千吉 ワーズワース考

Add: ojifes25 - Date: 2020-12-14 15:41:31 - Views: 3244 - Clicks: 3909

1 自然詩人ウィリアム・ワーズワース 自然と神と人間の霊の交わり 奥田喜八郎 溪水社,1999. ワーズワスの自然神秘思想 原田俊孝 南雲堂,1997. 松下千吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。 またワーズワース考―人(間)・自然・唯一者 フーガ(追復曲)のようにもアマゾン配送商品なら通常配送無料。. 1; 自然詩人ウィリアム・ワーズワース 自然と神と人間の霊の交わり 奥田喜八郎 溪水社,1999. ワーズワースは1770年、北西イングランドの「湖水地方」と呼ばれる風光明媚なコッカマスに、5人兄弟の第2子として誕生した。1778年、母の死去と共に、ワーズワースの父は彼を学校へと送るが、法律家であった父もまた1783年に世を去る。ワーズワースは孤独な少年時代を送るが、自然の美しさが彼の心の慰めとなった。 1787年、ケンブリッジ大学のセント・ジョンズ・カレッジに入学する。1790年、フランスに渡り、フランス革命の熱狂のなかで革命を支持したが、「革命」の名のもとに民衆が行った蛮行(九月虐殺)の惨状を見て、後年は保守的に傾いていった。また、フランス人であるアネット・ヴァロンと恋に落ち、彼女はワーズワースの娘を1792年に出産するが、彼はその前に経済的理由などからイギリスへと一人で帰国する。翌1793年始めにルイ16世の処刑と英仏間開戦があり、ワーズワスは渡仏も結婚もできなくなる。彼らはその後10年間会うことはなかった。 1795年、彼はサミュエル・テイラー・コールリッジと出逢い、二人は意気投合して親友となる。1797年、妹ドロシーと共にコールリッジの住居のすぐ近くに転居する。1798年、ワーズワースとコールリッジは『抒情民謡集(Lyrical Ballads)』を共同で著し、出版する。英国ロマン主義運動において、画期となる作品集であった。 1798年から1799年にかけての冬、ワーズワースはコールリッジ、ドロシーと共にドイツに旅行する。兄妹は間もなくコールリッジとは別れる。ワーズワスは精神の圧迫にもかかわらず、後に『序曲(The Prelude)』と題される自伝的作品を書き始め、また『ルーシー詩篇』を含む多数の代表的な詩を書く。 イギリスに帰国したワーズワースは、1799年12月に湖水地方のグラスミア湖近くに居を構える。後にダヴ・コテージ(英語: Dove Cottage)と呼ばれる現存の住宅である。翌年S. ワーズワース コウ ヒト アイダ シゼン ユイイツシャ フーガ ツイフクキョク ノ: 著者名: 松下千吉: 著者名カナ: マツシタ,センキチ: 発行者: 京都修学社: 発行者カナ: キヨウトシユウガクシヤ: ページ数: 618p: サイズ: 22. コールリッジとロバート・サウジーもすぐ近くに転居してくる。三人は「湖水詩人」として知られるようになる。しかしこの時期、ワーズワースが書いた詩の主題は、自然を愛でたものだけではなく、時事的なもののほか別離、忍耐や悲しみに関するものも多くあった。 1802年、アネットと娘カロリーヌに会うため、ワーズワースは妹ドロシーと共にフランスに旅行する。この年の後半.

古本・古書検索最大級の通販サイト 日本全国900軒の古書店、古本屋が参加 書籍データ600万件超 随時更新中 絶版書や探していた珍しい本・資料が見つかる買える!. 英国ロマン派の詩には、鳥を主題とした作品が多く佳作が多い。例えば、パーシー・シェリーは「雲雀」(Skylark)の声に魅惑され、ひばりを主題とした詩を書いている。またジョン・キーツは、「夜鶯」(Nightingale) の神秘的な声に魅惑され、夜の闇に響くその歌声を主題に詩を書いている。 ワーズワースにとって、「郭公」(Cuckoo) は詩の霊感をもたらし、彼に生きることの喜びを教えてくれる鳥でもあった。ワーズワースは、「郭公に献げる辞」として、次のような詩をうたった(全8スタンザのなか、前半4スタンザ)。. 松下千吉 ワーズワース考 - 松下千吉 松下千吉の概要 ナビゲーションに移動検索に移動目次1 略歴2 著書3 共著4 訳書略歴1953年 - 島根大学文理学部卒業. ワーズワース考 人(間)・自然・唯一者 フーガ(追復曲)のように 松下千吉 京都修学社,1996. See full list on wpedia. 二年ほど前に販売中止になったiPod Classicを愛用し続けているのですが、ケースがかなり痛んできたのでそろそろ更新しよう. 松下 千吉(まつした せんきち、1929年 - 年 7月1日)は、イギリス文学者。 京都大学 名誉教授。 後、英知大学教授。 18世紀 - 19世紀のイギリス・ロマン主義詩人が専門で、特にウィリアム・ワーズワースの研究において数多くの業績を残した。.

この詩の表現から分かる通り、ワーズワースは実在の郭公の声を聞いて、そこからヴィジョンやイメージやミステリ(神秘)を感応している。郭公という具体的な「鳥」の彼方に、魂に共鳴するヴィジョンを感受し、自然の崇高な奥深さにワーズワースは忘我の境地にある自己をうたうのである。 ロマン主義は、どこにもない、しかしどこかにある理想の世界や、境地を絶えず求めてやまない心情の発露として形象化される。『黄水仙に献げる詩』や『霊魂不滅のうた(Intimation of Immortality)』においても、ワーズワースは具体的な水仙や、森や野をうたいつつ、実はその彼方にある神秘的な心情の陶酔、どこにもないが、まさに「魂の深奥」に存在する「共感の歓喜」を讃美しているのである。. 松下 千吉(まつした せんきち、1929年 - 年 7月1日)は、イギリス文学者。京都大学 名誉教授。後、英知大学教授。18世紀 - 19世紀のイギリス・ロマン主義詩人が専門で、特にウィリアム・ワーズワースの研究において数多くの業績を残した。島根県生まれ。. 二年ほど前に販売中止になったiPod Classicを愛用し続けているのですが、ケースがかなり痛んできたのでそろそろ更新しようと思ったのですが、販売中止になってから時間が経っているせいかあまり売ってない状況だったのでありました。. 1934年。 10000 関係。 あなたのAndroid™デバイスでユニオンペディアをダウンロードしてください!.

ワーズワース考 - 松下千吉

email: omypi@gmail.com - phone:(172) 333-8662 x 6814

中小企業診断士になるには 〔2002年〕 - 井上繁 - 水辺の環境学 桜井善雄

-> 皆川博子コレクション - 皆川博子
-> 産業能率大学 2018 大学入試シリーズ267 - 教学社編集部

ワーズワース考 - 松下千吉 - もうひとつの研究所 歓迎の多い村


Sitemap 1

真田荘ブルース - 宇並優一 - もんしろちょうの道順